ヘナで白髪をセルフカラーするときの注意点

ヘナでセルフカラーする場合は
ヘナの粉選びが重要になってきますね。

ヘナ100%だと白髪や傷んだ髪にしか
色が入りませんし、オレンジっぽい
色に染まるので黒髪の中に
オレンジの毛が混じってメッシュの
ような感じになります。

それはそれでおしゃれで良いのですが
実は、黒髪の表面にもヘナの色は
入っていて、元々の髪色が暗いので
染めたように見えないだけで
太陽の光に当たるとオレンジ色に光ります。

なので、カラー禁止の学生さんが
白髪染めにヘナを使うのは不向きです。

化学染毛料で髪を傷めたくないので
髪にやさしいヘナで染めたいところ
だとは思うんですけどね!

ヘナ100%で染めたいけれど
赤味が強すぎるのはNGというときは
インディゴで後染めすると
暗めにできるようです。

ドラッグストアや美容院でヘナとして
販売しているモノがすべてヘナ100%ではありません。

染め上がりをキレイにするために
黒髪も染まるように化学染毛料を
混ぜているモノが多いのではないかと思います。

実際、私が使っていたヘナも
ヘナの粉だけで髪全体がキレイに
染まっていました。

以前、100%ヘナの粉が欲しいからと
インドから直輸入して染めている
友人がいたのですが、彼女の髪は
白髪が見事にオレンジ色だったのに
私のはオレンジじゃないのが不思議でした。

購入した美容院で聞いてみると
ヘナだけではキレイに染まらないので
化学染毛料が入っているとのことでした。

髪を傷めたくないから
ヘナで染めたいと思っていても
粉によっては化学染毛料が
入っているということを知っておいた方が良いですね!

髪を傷めずヘナで白髪染めしたなら
ヘナと天然ハーブを調合した
白髪染めがネット通販にあるので
利用してみるのはいかがでしょう。
 

ヘナ白髪染め関連ページ

ノンジアミン頭皮用化粧品の天然ハーブ白髪染め木木と
白髪染めしながらサラツヤ髪になる新鮮リーフ無添加ヘナ評判